肝斑治療

◆肝斑とは・・・

肝斑とは、30~40代の女性の頬や額・上口唇にほぼ左右対称に現れる淡い褐色のシミのことです。妊娠時に濃くなることや、経口避妊薬(ピル)によって引き起こされることがあることから、女性ホルモンとの関連が指摘され、いわゆる「ホルモンしみ」と言われることもあります。目の下から頬全体に、クスミのような淡いシミがあれば、これが肝斑です。


◆過去の肝斑治療

今までの肝斑の治療法は、ビタミンC・トラネキサム酸などの内服やコウジ酸・ハイドロキノン・ビタミンC誘導体などの外用などが主な治療法でした。しかし内服薬は、その殆どが内臓に吸収され、面積の広い皮膚、さらには、頬や額などへの選択的な薬剤の移行量はごく僅かになってしまい、なかなか治療効果が現われづらいものでした。さらに、従来のシミ用のレーザーは肝斑に照射すると悪化するため肝斑にはレーザー治療が出来ないと言われていました。


◆肝斑に最適な治療

肝斑治療に画期的な高機能レーザー機器が登場し、「レーザートーニング」という治療が注目されています。肝斑は、ホルモンバランスの崩れなど様々な原因によって現れ、常に炎症が続いていて炎症性の色素沈着を起こしている状態です。肝斑レーザーは、炎症を起こさせない弱いパワーでメラニンを少しずつ破壊していき、肝斑を目立たなくしていきます。さらに、毛穴やお肌のくすみにも効果的で、照射回数を重ねていくとハリのある艶やかなお肌に変わっていきます。

当院では、肝斑専用の弱い出力のQスイッチNdYAGレーザーを用いた「レーザートーニング」とクライオケアシスという機器で皮下に美白薬剤を導入するという、二段構えの治療法を行っております。


◆アフターケアが大事!

肝斑が淡くなった後のホームケアや紫外線対策(UVケア)はとても大事です。また、施術後のお肌はとても敏感になっているため、いつも以上に気をつけましょう!

日焼止めクリームで紫外線をカットし、再発防止のために美白成分の配合されたメディカルコスメを塗布していただくことは勿論、目から入る紫外線もブロックするためにサングラスをすることもおすすめします。目から入ってきた紫外線により脳の下垂体中葉が刺激を受け、シミを作る指令が発せられるからです。外出時には、サングラスは必需品です。


<肝斑レーザー 1回施術後>

まさのメディカルクリニック

長野県軽井沢町まさのメディカルクリニック ~ MEDICAL & BEAUTY ~ < 診療科目 > 婦人科・泌尿器科・皮膚科 美容皮膚科・アンチエイジング外来 < 診療時間 > ▼一般外来 ≫ 月・水・金と土(AM) 午前診療 10:00~13:00 午後診療 16:00~19:45 ▼美容外来 ≫ 火・木と土(PM) 10:00~19:45(予約制) TEL 0267-44-3800